ジョブチェンジできないか…何がキッカケになる?

現場を移りたい要因は仲間同士の関係のせいなのかを胸の内に問いかける看護師・准看護師は案外沢山いるのですね。実際同僚同士の関係のみならず上長に医師、もしくは患者や親族からのクレームなど、ナース特有ともいえる職場についての悩み事は尽きませんしね。

誰が考えても転職活動するべきだと言う事も有りますが、仕事を変える事を本格的に悩んでいる方に内容について聞かせてもらうと、客観的にみるとそこまで重要な悩みではないのでは、と思う時すら存在します。しかしながら当事者の身にしてみれば、喫緊の問題であって解決手段をなくて思い悩んでいる場合だってあります。

例えば会話の少ない仕事先であろうとイヤな事は遠慮せず嫌だときっちり意思表示してみたり、手伝ってもらった場合には謝意をしっかり口にしましょう。その様な努力があっても職場の人間関係などが上手くいかないなら、思い切って再就職しませんか。

勤め先を変えたい。ありがちなきっかけとは

現場を移りたい理由が果たして人間関係なのか本人自身に問いかける方は結構沢山いるものですね。具体的には同僚同士の人間関係に加えて先生であったり管理職、もしくは利用者との軋轢など、看護職員特有の煩雑な仕事場に関する悩みに気が滅入りがちです。

どういう見方をしても転職活動すべきではないかという事もありますが、転職活動を考える人に詳しく状況について聞き取ると、客観的にみるとたいして重要とは捉えらず怪訝に思うケースだって存在します。しかし当事者の身にしてみれば、重大な壁となっていてけりを付ける目途がないがために頭を抱えてしまう時だって珍しくないのです。

職場で職員と仲が悪いのではと思っていても、すぐに諦めず改善の為に手を尽くしてみる事と思います。それで上手くいかないケースは、あっさり諦めて、本格的に新しい仕事場を求めることも一つの手です。自分自身にプロの看護職として見た時にどうなんだろうと躊躇することなど一切ありません。